『エデンの園をみんなに

そう考えたのは十七年前のこと。』(昭和63年)

「エデンの園」は、私たち聖隷福祉事業団の創始者 長谷川保の構想から始まった「高齢者のための施設(高齢者世話ホーム)」です。

ポイント

  • 経営母体の聖隷福祉事業団は株式会社ではなく、
    社会福祉法人として医療介護で80年以上の実績(昭和5年~)
  • 松山市で開設30年を超える歴史を持つ(昭和55年~)
  • 全国に直営7ヶ所・8ホーム、受託共同事業3ヶ所・3ホームを運営しているノウハウと安心感
  • 基本理念は、「隣人愛」の精神
坂本 知佳

より充実したセカンドライフのお手伝い

介護付有料老人ホーム 松山エデンの園は、昭和55年6月20日に125室で開設、平成18年12月に介護棟を増築し全146室(一般居室111室、介護居室35室:他に一時介護室5室あり)となって現在にいたります。愛媛県内最大の自立型有料老人ホームとして30余年、これからも安心と安全を常に心がけ、“セカンドライフ”の充実のお手伝いをさせていただきながら、ご入居者の皆さまお一人おひとりと共に歩んでまいります。

(左)聖隷福祉事業団理事
   常務執行役員
鈴木 睦明
(右)松山エデンの園園長
栗田 昌宏

コンセプト

入居者の声
入居者の声